【仙台】ステークホルダー・マネジメント即戦力アップ研修

企業人材育成ワークショップ研修一覧:日程別技術者ワークショップ研修一覧:日程別ソーシャルスクール研修一覧:日程別

    

 
科 目 名 ステークホルダー・マネジメント即戦力アップ研修
      ~プロジェクトに関係者を巻き込んでいくマネジメントへ!~
開催日時
(1)2016年7月14日(木)
研修時間;9:30~17:30 (1日間)
特記事項 協賛:MISA(一般社団法人 宮城県情報サービス産業協会)(MISA研修一覧ページ
特 典 遅刻・欠席をせず全時間受講修了者にはPMP教育受講証明書(7時間分)または PDU継続用ポイント(7PDU)を発行します。
スキルエリア 「技術的プロジェクトマネジメント」
内 容 概要: 
プロジェクトマネジメント国際標準化(ISO21500)が提唱する、ステークホルダー・マネジメントを重視する傾向を整合し、米国PMIが2012年に公開した「PIMBOKガイド第5版」では、「ステークホルダー・マネジメント」が10番目の知識エリアとして新設されました。1996年の第1版の発行以降、PIMBOKの歴史の中でも、画期的な出来事でした。すなわち、世界的に見ても、ステークホルダー・マネジメントが重要視され始めたということです。

本研修では、ステークホルダーの特定・分析から、マネジメントのテクニックについて、具体的にケーススタディを通して習得していただきます。さらに、ステークホルダーの管理を実践するうえで必要不可欠な
  ・ヒューマンスキル(交渉力・Win-Win関係、信頼性)
  ・ステークホルダーを味方につけるための「交換」の促進に注力する方法
  ・権限を用いず影響力を発揮する(人を動かす)方法

について学んでいきます。
 
現在、PMとして活躍されている方、PMを支援する上位管理者の方、情報システム部門管理者やコンサルティング営業の方など、必見の研修です。
 
主な内容: 
◆ ステークホルダー・マネジメントの重要性
    — 時代の変化を読み解く
    — なぜ、今ステークホルダー・マネジメントが重要なのか
◆ ステークホルダー・マネジメント概要
    — ステークホルダーとは誰か
    — ステークホルダー・マネジメントのプロセス概要
    — PIMBOKにおけるステークホルダー・マネジメントの位置づけ
   【演習】 自身の過去のプロジェクトを振り返る
◆ ステークホルダーの特定
    — 識別・分析
    — ステークホルダー・マネジメント戦略の立案
  【演習】 ステークホルダーの特定と関係性、期待を表現し、戦略を立案する
◆ ステークホルダーの管理  
    — ステークホルダーの管理
    — 交渉のための実践的方法
  【演習】 期待の変化をとらえ、戦略を再検討する
◆ 自社への適用に向けて
    — 研修から得られた教訓を振り返る
    — 自社へステークホルダー・マネジメントを適用する上での課題を
       整理・共有する
 
対象・前提
発注側情報システム部門管理者、プロジェクトマネジャー、運用委託先ベンダー管理者、および情報システム子会社、ITベンダー企業で、ステークホルダーと対峙・交渉されている方 など
講 師 中谷 英雄 ((株)ピーエム・アラインメント/東京都)
受 講 料 27,000円(税・テキスト代込み)
※MISA会員企業価格21,600円(税・テキスト代込み)
(申込フォームの加盟団体「(一社)宮城県情報サービス産業協会」にチェックを入れてください)
会 場 NAViS 研修室(アクセス
講師プロ
フィール
中谷 英雄(なかたに ひでお)
(株)ピーエム・アラインメント 取締役
ビジネスコンサルティング部長、PMI認定PMP
http://www.pmalignment.com/

1958年、山口県生まれ。日本ユニシス(株)にて、エアライン座席予約システムなどの開発経験7年。中央三井信託銀行にて、エアライン分野での開発経験を活かして、年金・証券分野でのプロジェクト・マネジャーとして大規模プロジェクトの指揮・監督、及び合併対応プログラムのPMO活動を行う。また、社内の品質保証活動(PMBOKの適用、CMMの適用)、見積手法導入・展開に責任者として寄与、及びコンピテンシーモデル構築・導入推進。現在、(株)ピーエム・アラインメントにて、企業向けにPMコンサルティング・サービス(PM教育、PMO業務支援、プログラム&ポートフォリオ管理エリアのシリューションを中心にセールス活動、導入支援・コンサルティングに従事)を行う。
サービス学界会員、ビジネスモデル学会会員、米国PMI会員、IIBA会員、ItSMF会員、アジャイルプロセス協議会会員、JUAS会員
 
この研修に申し込むには?
研修名(サブタイトルは不要)と開催日を控えてから、下記ページへお進みください。
お申込みはこちら

 
2016年度PDU/教育受講証明発行コース         
日  程 研  修  名 詳細
4/19(火)
【無料】
プロジェクトマネジメントの新潮流セミナー
  ~プロジェクト成功のための3つのスキル・エリア~
詳細
5/11(水)~13(金) PMP資格試験対策講座 詳細
6/23(木)・24(金) 【MISA主催】実践的プロジェクトマネジメント技法研修
(基礎編/実践編) 
詳細
7/14(木) ステークホルダー・マネジメント即戦力アップ研修
  ~プロジェクトに関係者を巻き込んでいくマネジメントへ!~
 
7/15(金) サービス中心による顧客価値創造実践ワークショップ研修
   ~「当たり前品質」から「感動品質」提供へのアプローチ~
詳細
7/25(月)~27(水) PMP資格試験対策講座 詳細
9/5(月) プログラムマネジメント実践活用方法と事例
   ~超上流から保守運用までを支援し、価値創造を向上させる事例~
詳細
9/6(火)~8(木) PMP資格試験対策講座 詳細
11/8(火) プロジェクト・パフォーマンス測定・分析技法研修
  ~可視化し、問題特定し、意思決定する方法~
詳細
11/9(水) 実践的リスク・マネジメント力向上研修 詳細
11/28(月) 提案・見積実践研修 詳細
11/29(火) ITプロジェクトマネージャーのための実践的ヒューマンスキル即戦力アップ研修  ~人間系スキル向上の実践的アプローチ~ 詳細
 
 
関連リンクのご案内

MISA 一般社団法人宮城県情報サービス産業協会

 
  • お問合せは 022-298-3709
NAViS 研修・セミナー・人材育成
 
 
ページの先頭へ戻る