【仙台】ソフトウェア開発におけるバグの分析、
管理手法と品質向上策研修

企業人材育成ワークショップ研修一覧:日程別技術者ワークショップ研修一覧:日程別ソーシャルスクール研修一覧:日程別

  

  ※実践演習中心の<新科目>                                                                                            
ソフトウェア開発におけるバグの分析、活用手法実践研修」を開設致しました。

科 目 名 ソフトウェア開発におけるバグの分析、管理手法と品質向上策研修
開催日時
***********
尚、上記「ソフトウェア開発におけるバグの分析、活用手法実践研修(2日コース)」につきましては、現在募集中でございます。
研修時間;9:30~16:30 (1日間)
特記事項 協賛:MISA(一般社団法人 宮城県情報サービス産業協会)(MISA研修一覧ページ
内 容 概要: 
本研修は、ソフトウェア開発の現場において、品質や開発効率の向上、手戻りなくし等を実現するための効率的、効果的なバグ管理手法、およびバグ情報の分析とその活用手法について学習します。
 
バグ管理に必要なテスト計画およびテスト実行管理手法の習得、そしてバグ情報の分析では、開発段階と検証段階での問題点をあぶり出す手法を習得します。
 
講師が実際の現場で体験して得た成功事例や失敗事例も交えて講義しますので、明日から使える現場の視点に立った手法を習得できます。
 
検証コストを押さえたバグ管理と分析・活用手法を修得することで、不具合情報データを有効に活用しながら、手戻りをなくし、開発効率を上げ、効率的、効果的に品質を確保できる体制をつくっていただけます。
 
開発担当者およびテスト担当者をはじめ、指導者の方にも、ぜひ受けていただきたい内容です。
 
主な内容: 
・ バグ管理に必要なソフトウェアテスト計画
   -ソフトウェアテスト計画の内容
   -ソフトウェアの種類によるテスト内容の違い
   -BUG出しのためのテストと保障取りのためのテスト
   -最適なテストフェーズの組み立てと考慮点
 
・ 効率的なテスト実施を行う為のソフトウェアテスト設計技法
   -ホワイトボックステストとブラックボックステスト
   -BUGはどこに潜んでいるのか?
   -短期決戦型テストの必要性とグレーボックステスト
   -その他の考え方によるテスト設計
 
・ バグ分析に必要な情報収集の為のテスト実行と実行管理
   -テストの実行計画と管理ポイント
   -ソフトウェアテストの進捗管理
   -テスト実行時の網羅率と消化率
   -問題管理と進捗管理
 
・ テスト状況/バグの分析と品質評価
   -テスト計画と結果分析の方向性
   -収集すべき分析対象データ
   -問題の傾向分析による品質評価
   -問題発生状況分析による品質評価
 
・ バグの分析結果からの問題点を抽出
   -分析結果からの抽出する開発工程の問題点
   -分析結果からの抽出する検証工程の問題点
 
・ 事例紹介
 
対象・前提 ソフトウェア開発担当者、テスト担当者、指導者の方など
(ソフトウェア開発経験およびソフトウェアテスト経験があること)
講 師 (株)エス・キュー・シー(東京都) 齋藤 克裕
受 講 料 21,600円(税・テキスト代込み)
※MISA会員企業価格:16,200円(税・テキスト代込み)
(申込フォームの加盟団体「(一社)宮城県情報サービス産業協会」にチェックを入れてください)
会 場 NAViS 研修室(アクセス
講師プロ
フィール
齋藤 克裕(さいとう かつひろ)
株式会社エス・キュー・シー 取締役
www.sqc.co.jp/
 
プラグラマ、SEとしてパッケージソフトウェア・組込みソフトウェア開発に従事し、開発側からのシステム構築を経験後、AV機器のQA部門にて、ソフトウェア検証、検証ツールの開発に従事し、2002年に株式会社エス・キュー・シー入社。2006年より現職。組込み機器を主に、開発部門のQAマネージャーとして従事し、QA管理、プロセス改善、ソフトウェア品質管理を主な業務とする。

主な検証実績:
・国内向けカーナビーゲーション
・欧州向けカーナビーゲーション
・車載機向け描画ユニット
・車載向けオーディオ機器
・組込み向けブラウザ

主な検証ツール開発実績:
・カーナビゲーション自動テストツール
・ブラウザ用自動テストツール
・仕様書管理システム
 
関連リンクのご案内

MISA 一般社団法人宮城県情報サービス産業協会

 
  • お問合せは 022-298-3709
NAViS 研修・セミナー・人材育成
 
 
ページの先頭へ戻る