HOME > 食の6次産業化プロデューサー育成研修 > カリキュラム

国家戦略・プロフェッショナル検定食Pro.認証プログラム
食の6次産業化プロデューサー育成研修

食の6次産業化プロデューサー育成研修  カリキュラム

※募集期間終了しました。現在、受講生の募集は行っておりません。

研修実施期間: 平成28年10月1日 ~ 平成29年3月4日

※下記コースから受講するコースをお選びください。

   
単なる知識習得でなく現場で活躍できる基礎力を養うことを目的としています。そのため、現場での実習および視察を中心としたプログラムです。
ビジネスの即戦力となるスキルの習得のため、ワークショップや演習を充実させ、販促や商談交渉などのプログラムを設けています。
これからの農林水産業ビジネスにおいてITは欠かすことのできないツールとなっており、IT活用の事例についてもご紹介します。

 

講義名 講義の内容 実施日程 スポット受講可 実習
視察
実施
場所
0 オリエンテーション 講義全体の説明・受講時の留意点等のご説明 10月1日(土)
13:00~13:30
- NAViS
1 6次産業化概論
(基礎)
6次産業化の動きと支援制度について学びその概要を理解する。 10月1日(土)
13:30~15:00
NAViS
2 6次産業化概論・
関連法規(発展)
6次産業化や農商工連携に関する法律や各種支援制度、それらを活用した6次産業化の事例を理解する。 10月1日(土)
15:00~16:30
  NAViS
3
6次産業化事例を
知る
6次産業化の事例及び経営戦略の事例を通じて現場での取り組みを知る。 10月15日(土)
10:00~17:00
●  デリシャスファーム株式会社
4 農業の現場を
知る
水稲、野菜、果樹、園芸などの耕種作物、牛、豚、鶏などの畜産、そして林業の特徴と日本の農林業の構造・位置付けの変化などを理解します。これらの理解に基づき、日本の農林業の構造上の課題を踏まえた上で、6次産業化などを進めるための課題を理解する。 10月29日(土)
13:00~17:00
株式会社みちさき
5 販売の現場を
知る
農産物生産から食卓までの食品流通の基本を、物流・商流・情報流に切り分けて理解します。加えて、農産物流通における産直、直売所、インターネット販売などの多様な流通経路の特徴と最近の動向を理解する。 11月12日(土)
9:00~12:30
 ● 仮:株式会社庄定
6 ITを活用した
農林水産業
ITの活用事例を学ぶことで,具体的な応用方法を立案できるスキルを学ぶ。
11月12日(土)
14:30~17:00
NAViS
7 販促ツール・包材の
作成手法
(包装機能とパッケージデザイン)
食品包装の目的と機能について理解する。   11月19日(土)
10:00~12:00
NAViS
8 水産業の現場
を知る
養殖、沿岸、近海、遠洋などの特徴と日本の水産業の構造・位置付けの変化などを理解します。これらの理解に基づき、日本の水産業の構造上の課題を踏まえた上で、6次産業化などを進めるための課題を理解する。 11月19日(土)
13:00~17:00
NAViS
9 コーディネート
手法(基礎)
6次産業化をコーディネートおよび支援していく立場で必要となる対人スキルの基礎を身に付ける。   12月3日(土)
10:30~14:00
NAViS
10 販促ツール・包材の
作成手法
(POP作成)
チラシやパンフレットなどの販促物の作成支援及びPOPの書き方や効果的な訴求手法を学ぶ。 12月3日(土)
14:00~17:00
  NAViS
11 食品加工(基礎) 食品加工の基礎について、特に農産物加工を中心に基礎的な知識を身に付ける。 12月10日(土)
11:00~12:00
宮城大学
12 食品加工(応用)Ⅰ・Ⅱ 食品に必要な栄養成分の知識習得および食品の保存、加工、包装方法を学ぶ。 12月10日(土)
13:00~17:00
宮城大学
13 食品衛生管理(基礎) 食品衛生に関する法制度などについて理解を深める。 12月17日(土)
10:00~11:00
  NAViS
14 食品衛生管理(応用) 食品衛生管理の事例をもとにGAPやHACCAP、トレーサビリティなどの知識を習得する。 12月17日(土)
11:00~14:00
  NAViS
15 コーディネート
手法(応用)Ⅰ・Ⅱ
6次産業化をコーディネートおよび支援していく立場に求められる調整力や意見引き出し方を、実践的に身に付ける。 12月17日(土)
14:00~17:00
NAViS
16 財務会計の
基礎と応用
農林水産業を家業から事業へ転換するため、経営の基礎概念を理解します。経営及び経営分析の基礎で学んだ内容をもとに、経営の基礎概念を理解し、事例を通じて理解を深める。 1月14日(土)
11:00~15:00
  NAViS
17 経営分析の応用 「財務の基礎」「マーケティング(基礎)」などの科目で習得した知識に基づき、6次産業化の事例を分析することで、6次産業化を実現する上での成功要因、課題の要因を学びます。 1月14日(土)
15:00~16:30
NAViS
18 経営管理体制の
構築手法
(基礎)Ⅰ・Ⅱ
法人形態や組織における理念や目標の意味、戦略策定に必要な経営資源の考え方、及び会計の原理と簿記の仕組みを理解し、事例を用いて、組織の経営に関する分析手法を理解する。 1月21日(土)
11:00~14:00
  NAViS
19 経営管理体制の
構築手法
(応用)Ⅰ・Ⅱ
戦略の意味や戦略策定に必要なSTP、4P、外部資源の調達手法、リスクヘッジの考え方を理解および組織の意味及び組織リーダーの役割、組織の生産性、生産から販売の管理手法、業務レベルの管理の考え方、それを効率化するシステムについて理解する。 1月21日(土)
14:00~17:00
  NAViS
20 商品開発と
マーケティング
(基礎)
マーケティングの意味やマーケティングのプロセス、テストマーケティングの考え方、商品のシリーズ化、ライフサイクルの考え方などについて理解する。 2月4日(土)
10:00~12:00
  NAViS
21 マーケティング
(応用)
マーケティング(基礎)で学んだマーケティングプロセスを実践的に学び、マーケティング戦略を立てる力を身に付ける。   2月4日(土)
13:00~16:00
NAViS
22 事業計画作成
(基礎)
事業計画の作成手法について理解する。   2月18日(土)
10:00~14:00
  NAViS
23
 
事業計画作成
(応用)Ⅰ
事業計画の作成演習を通じて、事業計画作成について理解を深める。 2月25日(土)
14:00~17:00
NAViS
事業計画作成
(応用)Ⅱ
企画書作成演習の実施。
■事業計画の作成演習
2月25日(土)
10:00~14:00
NAViS
24 事業計画の
診断実務演習
事業計画を分析し、現状把握・課題分析・改善策の立案する力を身に付ける。 2月25日(土)
14:00~17:00
NAViS
25 商談会での
交渉術Ⅰ・Ⅱ
流通のバリューチェーンを理解し、マーケットインでの商品提案や商談時の交渉・課題解決手法を学び、販路開拓・と販路継続のノウハウを習得する。 3月4日(土)
10:00~16:30
NAViS
00 クロージング 講座修了式 3月4日(土)
16:30~17:00
-   NAViS
 
 

食Proレベル認証プログラム修了要件

● この課程を修了するには次の要件を満たす必要があります。

1.出席と補講を合わせ、100%受講とします。
 ※補講は、DVD視聴とし補講受講のアンケート提出となります。
2.出席率は80%以上とします。
3.実習・視察は100%出席を原則とします。
 ※こちらの条件を満たさなかった場合は、修了認定を受けることができません。

食Proレベル認定を受けるには

レベル認定を受けるには、まずは自身が取り組むレベルを決め、必要な手続きを
(一社)食農共創プロデューサーズのホームページ https://www.6ji-biz.org/ で確認します。
レベル1は「わかる」、レベル2と3は「わかる」と「できる」のレベル判定が必要です。
(一社)食農共創プロデューサーズのホームページ https://www.6ji-biz.org/
※上記画像をクリックすると、(一社)食農共創プロデューサーズのホームページへリンクします。

 

NAViS 食の6次産業化
プロデューサー育成研修
 
 
ページの先頭へ戻る